読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクッと行ける海外旅行についてつらつらと書いていきます

タイトルまんま。誰でも旅行に行けるんです、ということをちょっとだけ発信していきたいわけです。たまにテレビのことなど、非旅行のことも。

中国・重慶にはSFの空が広がっている

中国におけるネット環境は独特だ。中国政府によるネット検閲システム「金盾(グレートファイアウォール)」により、GoogleFacebookTwitterinstagramなどの欧米系サービスがことごとく使用できない環境下に置かれてしまう。無料Wi-Fiはいたるところに飛んでおり、空港、駅構内など公的機関はもちろんのこと、宿や飲食店ですらほぼほぼ完備している状況となっている。ところが、グーグル先生で調べることや翻訳することができない、写真を投稿するアプリがほぼ使えない(そのため中国人はWeChatを駆使して楽しんでいる)という、“精力は有り余っているけどパートナーがいません状態”に陥り「ぐぬぬぬ」と歯ぎしり必至の状況になってしまうのだ。

 

 そんな状況をスッキリさせるべく、中国に渡航する多くの人が導入しているサービスが「セカイVPN」をはじめとしたVPNサービスである。使い方や詳細、インストール方法などはリンク先を参照してほしいのだが、とりわけOPEN VPNL2TPでは心もとない)を搭載することで、上記したストレスは解消される。思う存分、調べることができ、メールのチェックもできるようになる。同時に皮肉な話だが、いかに自分の生活がGmailクラウドサービスありきで暮らしているかということに気が付かされてしまうわけでもあるが。

 

 いくら英語が通じないと言っても翻訳ソフトさえあればどうととでもなってしまうのが、いまどきの旅行の一つのあり方だ。「直接コミュニケーションして、なんとか伝えるのが醍醐味。機械に頼るなんて邪道だ」と息巻く人もいそうだが、使えるものは何でも使ったほうがいい。なぜなら短期間で旅行をする我々は、有限の時間の中を旅している。10分かかる意思表示が1分で済むなら、他のことに9分使えることになる。それにグーグル先生と言えども全知全能の神ではないため、翻訳を間違うこともある。その小さな間違いが、現地民からすれば「意味わかんねぇwww」とバカ受けだったりする。そこから生まれるコミュニケーションもある。中国で暮らす人々、特にサービス業に携わる人々は翻訳アプリを入れていることが多いので、もし自身がWi-Fi環境下になくても先方は起動できるため、迷惑をかけない程度(自分以下が長蛇の列になっているときなどは控えよう)に相手の翻訳アプリに頼ることもアリだ。もちろん、最低限の現地語は覚えておくこと。現地で当事者たちの言葉を使えば、その分だけ距離は近くなる。小泉進次郎は地方の講演会に赴くと、必ず地方の方言を交えて話や挨拶などをするという。人の心を掴むということは、いつだって小さなことから始まるのだ。

 さて、無事に高速鉄道のチケットを購入したオレは、せっかくだから重慶の中心地・楡中区を散策することにした。

 「重慶には何もない」と、智恵子のようなことを言う中国人が多い。重慶を訪問した観光客からもそういう声が聞こえてくる。もともと重慶は、蒋介石の臨時首都であり、毛沢東と会談した場所という歴史的背景を持つ政治色・文化色の強い場所だ。さらには、先述した二つの川の合流地点であることから戦略的に重要な海上水路の要衝となる地でもある。要するに都会になるべくしてなるような場所だ。ところが、だ。重慶の都会感は今まで体感したことのない超然とした世界観に包まれている。都会へ行くと、どこかで見たことのある既視感に一度や二度は遭遇すると思う。「ああ、大通りがクロスしていて、上に道路が走っている構図は六本木に似ているな」とかである。クアラルンプールのブキビンタンなんかは、まるで六本木のアマンド前だったりする。だが、重慶にその既視感はない。あまりに規格が大きすぎて、比べようがないのだ。

 

 中心地の繁華街に「大都会広場」というふざけた名前の広場がある。ふざけた名前のはずなのに、「……大都会だ」と誰もが納得する光景が広がっている。天にそばだつように、高層ビル群が東西南北を埋め尽くす。全てが高層ゆえに目印となるものが見つけられない。方位が狂わされるほどの大都会だ。この眩さは、銀座なんか足元にも及ばない。たびたびニュースで中国人のマナー問題が取りざたされるが、そりゃ銀座でも平気で唾を吐くし、ごみも捨てるだろう。彼らははるかに凌駕する都会で、当たり前のように中国的慣例を行っているわけだから。海で放尿する輩が、「海は良いけどプールはNG」と唱えたとする。しかし、海でもプールでも放尿する輩は「何が違うの?」と聞く耳を持たない。道徳だけの問題ではないんだ、おそらくこれは。

 

 ビル群の稜線を前に遭難しかけたオレは、レジ台を前に腰かけてケータイをいじっている青年が、やる気というものを一切放出していない食堂にふらふらっと入ってしまった。大都会の熱量に加え、夜中でも湿度が80%を超える熱帯夜に思考は止まり、とにかく「座りたい」という一心のみで店を選んでしまった。

 テーブルに置かれたメニューから、とりあえず目に飛び込んできた馴染みのない料理を頼んでみた。品名に「肉」と書いてあったので、外れたとしても「ギリギリセーフ」のライン上にはあるだろう。肉が不味ければ、諦めもつく。喉が渇いていたのでコーラ(3元)を追加する。しばらくすると、煮込まれた豆腐と骨付き牛肉にパクチーがまぶしてある馴染みのない料理と、セットと思わしきスープとご飯が運ばれてきた。コーラを合わせても19元(約320円)だった。米がもう少し美味ければ文句ナシというくらい美味かった。大都会に圧倒された地方出身者が古びた定食屋で、ひと時、「飯がうめぇ」と安らぎを感じる、そんな“上京プレー”まで味わえるとはうれしい誤算だった。

 

 ふらふらっと入った安食堂でこのクオリティ。でも、一歩外に出ると320円の料理を食ってそうな人など、どこにも居なさそうな都会が広がっている。

 何かに似ているな、と思ったらウィリアム・ギブスンの名作『ニューロマンサー』の世界観だった。ウォーターフロント計画によって変貌した当時の千葉県・幕張は、バブルに沸き立つ日本の繁栄の頂の一つに違いない。高層ビルが林立し、当時の超一流企業がこぞって海浜幕張に支店を置く。ところが国道14号以北はあるがままのとぼけた田舎風景が広がっている。背徳と未来の世界を駆け抜ける『ニューロマンサー』のチバシティは、日本に造詣の深いギブスンがその時の日本の社会情勢からインスパイアされた舞台だったが、重慶にはチバシティ以上にサイバーパンクな世界が構築されている。都市の先進性と、そこに暮らす庶民の生活が一切シンクロしていない感覚は、脳が麻痺してくる。天を穿つように、競い合ってそびえるビル群の“砂上感”。どうしてそんなに高くある必要がある? 荒廃と隣り合わせの危うさを、ひしひしと、鈍い裏路地を歩くだけで感じることができるこのSF感は、マジで最高だ。

 

 ニューロマンサーの冒頭に、「港の空の色は、空きチャンネルに合わせたTVの色だった」という一文がある。ずっとどんな色なのか気になっていたのだが、重慶の空の色こそ、その色に限りなく近いのではないかと思えてくる。「重慶に何もない」ということは絶対にない。少なくても、重慶には重慶にしかない空がある。

 

中国(重慶)の高速鉄道のチケットは意外に簡単に買えるよ

 重慶に無事到着することができたわけだが、一連の投稿内容に関して改めて説明しておこうと思う。1年半ほど出かけていなかった反動もあり、今回の中国旅行は(気の早い)夏休みという気持ちで出かけている。そのため、少し長めの910日の日程を組んでいる。9日を使って重慶成都(その周辺)を巡ることで、身をもって体験した中からいくつかの34日で収まるコースを提唱できれば、と。これから綴る内容は、その一つである『34日で巡る重慶成都 5万円の旅』と思っていただければありがたい。

 

 空港に到着し、15000円ほどを人民元へ両替(900元ほどに)。俺が旅行していたときは1元=17円台をウロチョロしていたわけだが(以後記す金額は1元=17円換算とする)、現在は急激な円高の影響で1元=15円台を推移している。今渡航している人たちがうらやましいぜ。

 

 重慶江北国際空港は、国際線(T1)と国内線(T2)でターミナルが分かれている。両ターミナルを結ぶ無料のシャトルバスが15分間隔ほどで運行しているが、歩いて400Mの距離なので徒歩での移動も簡単だ。重慶市街地へは、空港と直結するメトロ(といっても半分くらい地上を走る)を使うのが便利だろう。地下鉄の乗り場は、国内線(T2)の7番出口付近にあるため、T2に移動することを忘れないように。

 現在、北京や上海が同様の仕組みか定かではないが、少なくても重慶成都の地下鉄を利用する際に気を付けてほしいことがあります。上写真はチケットマシーンだが、紙幣に関しては5元札、10元札、20元札しか受け付けてくれない。1元札は利用不可のため、1元を利用する場合は硬貨のみの使用となる。当然、50元札、100元札は使えない。中国では、現在偽札が出回っているため、公共機関といえども50元や100元の使用を嫌っている風潮があるらしく。そもそも人民元でもっとも高額な紙幣は100元(20ドル札みたいな感覚)。中国ほどバブルに沸く国の最高紙幣が20ドル札相当というのもおかしな気もするけど、これも偽造紙幣を懸念した結果の判断だという。500元札が誕生したところで、格好の偽造のターゲットになるし、自販機に突っ込んでおつりでバカ儲けってなるわけです。事実、公共機関やデパート、綺麗な商業施設などで50元札や100元札を差し出すと、必ず偽造チェックのための機械に紙幣を通される。「偽札じゃねぇよ……失礼だな!」などとイライラしていたらキリがないので、寛容な気持ちでチェック機にお金が吸い込まれる光景を眺めていてほしい。

 

 地下鉄の初乗りは2元(約34円)。1時間ほど乗り、相当遠い場所まで行っても7元か8元しかかからない。最長期間利用しても、地下鉄料金は約140円ということになる。ちなみに街中を走るシティバスは、一律2元(約34円)。中国はことごとく公共機関の乗り物が安価であるため、移動費を限りなく低コストで抑えることができるのも大きな魅力と言える。公共機関に関する情報は後述するため先を急ぐが、5元以内で収まる移動方法が多いため、財布の中身は自ずとおつりとして出てくる1元札や1元硬貨が増えていくことになる。バスに乗る際に必要な2元は、日本のようにおつりが出てくるシステムではないため、バスに乗る際はきちんと2元を用意すること(5元札を出したら、「おつりがないから乗らないでくれ」というリアクションをされる)。地下鉄を利用する際は5元札か10元札、または硬貨を準備していく必要があることを念頭に置いておこうな。

 

 重慶は、省と同格の一級行政区画である「直轄市」扱いを受ける都市だ。北京市上海市重慶市、天津市の4市があり、重慶は唯一西部方面で直轄市扱いを受けていることになる。現在、中国政府が進める西部大開発の玄関口ということもあり、車窓からはおびただしい数のタワーマンションや高層ビルの建設風景を拝むことができる。南に流れる長江と北から流れる嘉陵江に囲まれる浮島のようになっている渝中区と呼ばれるエリアが市の中心部となり、空港からメトロを利用すると約1時間で到着することができる。

 上が嘉陵江サイド、下が長江サイドとなるわけだが、覇を争うように高層建築が乱立するさまは圧巻としか言いようがない。俺が予約した宿は、中心地である渝中区に位置する大渓溝駅にほど近い「Only Cafe and Backpacker」なるホステルだった。シングル(もしくはダブル)の部屋が取れずドミトリー(1日約800円)にしたが、さして疲労感もないため1日くらいならドミトリーでも問題ないと踏んだ。ちなみに、中国の都市部のホステルなどではデポジットを取ることが一般的(100元程度)になっているので、こちらも合わせて覚えておいてほしいです。

 

 短期間の場合、宿に関しては事前に日本ですべて予約していく方がベターだろう。1週間以上の旅行となれば、要所のみ(初日、最終日、宿が少なさそうな場所など)事前予約して、あとは飛び込みなり現地でリサーチする方がいいと思う。中期間以上の旅行にも関わらず、すべて宿を決めて出かけてしまうと、余白を楽しむ面白さに欠けること、さらには訪問日がズレた際にキャンセル料が発生してしまうことから、あまりオススメはしない。行間と余白を多少なりとも楽しむ“ファジー”な感覚は持っていてほしいと願う。そして、中国では英語は通じないことが基本という認識を持つこと。だからこそ、口コミサイトで少なくても宿に関しては、英語が話せる人がいるか否かの確認はしておいたほうが無難だ。後述するが、Wi-Fiがあればなんとかなるが、“備えあれば憂いなし”ということは、万国共通よ。

 宿のマネージャーは英語ができる人物だったので、オススメの食堂やらスポットの情報を手書きで懇切丁寧に説明してくれた。翌日に成都に移動することを決めていたオレは、噂の高速鉄道で移動したい気持ちを固めていたが、事前に調べる限りでは、「鉄道チケットが容易に手に入らないのではないか?」という不安があったため、マネージャーにその旨を相談したところ、「バスよりも鉄道がいい。簡単に入手できる」と即答された。

 

 そもそも事前にオレが心配していた事案は以下のような点に対してだ。

 

1:チケット購入のため長蛇の列に長時間並ぶことになるのではないか?(割り込み当たり前とか聞いたぞ)

2:外国人はチケットを当日にしか買えないのではないか?

3:売り切れていて、最初からバスのチケットを購入する方が時間も手間もかからないのではないか?

 

 主にこの3点に不安を覚えていたのだが、すべては杞憂でした。まず「1」の点だが、並んでもせいぜい15分程度(上海や北京はもっと並ぶとも)。少なくても重慶では割り込むような輩もいなかったし、夕方の多忙な時間帯でも長蛇というほどの列にはなっていない。外国人と違い中国人は自動発券機でも購入できるのだが、対人窓口で購入する中国人は相変わらず多い。とは言え、許容範囲の列なので過度に心配する必要はないだろう。次に「2」に関してだが、当日~2週間以内のチケットが購入できるため、先の予定になればなるほど空席が有り余っている状況となる(休日は埋まりやすいので注意)。重慶成都間のように1日何本も運行しているような区間は、目前に迫った翌日の鉄道でもオレのようにすんなり手配できるはずだ。というわけで、「3」も解決となる。

 

 駅のチケットオフィス(售票处)で窓口対応するスタッフとは、中国語でのやり取りが基本となる。そのため紙に「日付 行先 時間帯」、この3つを中国語で書いて用意しておくことが望ましい。オレの場合でいうなら、「68日(明天=明日) 重慶成都 在后14小时(14時以降)」という具合だ。この3つを提示すると、目の前のディスプレイに該当する鉄道の時刻表が表示され、あとは乗車したい時間帯の列車の番号を筆談で意思表示すればOKだ。座席は何も言わない限り勝手に2等席(日本で言う普通席)がチョイスされる。パスポートを提示して、名前とパスポート番号(塗りつぶし部分)を入力してもらえば発券される、といった具合だ。発券まで5分ほど。重慶から成都までは2等で154元(約2600円)という安さである。

 念のため、「高鉄でも動車でもどっちでもいい」と書いておくとよりスムーズかもしれない。中国の高速鉄道CRHと呼ばれ、いくつかタイプが分かれており、時速300キロ運転をする最高速タイプ「高鉄」、時速200キロ以上で運行する「動車」などが存在する。値段もほとんど変わらない上に乗車時間もあまり変わらないため、正直どっちでも良い話なのだが、窓口スタッフ的には「高鉄と動車、どっちにする?」「これは高鉄じゃなくて動車だけど大丈夫か?」と気になるらしい。たしかに、日本でも筆談のみ意思疎通が可能な外国人が窓口にやってきて、「日付 行先 時間帯」だけを伝えてきたら、「のぞみ/ひかり/こだま、どれでもいいのかよ?」と気になってしまう部分はあるかもしれない。そんなわけで「高鉄でも動車でも」とフォローしておくと、より話が早いと思う。

 重慶には、重慶駅と重慶北駅という二つのターミナルがあるが、高速鉄道のターミナルは重慶北駅となる。高速鉄道のチケットも重慶北駅でしか購入できないので注意してほしい。バスターミナルは重慶駅と隣接しているため、重慶駅に向かいがちだが、高速鉄道は北駅。なにかとややこしい。次回はWi-Fi等に関して説明しようと思う。それではまた。

 

3泊4日5万円で楽しむ中国~3000円の航空券で行けます

 拙書『週末バックパッカー』星海社新書)をリリースしたのが、昨年の8月。発売前の執筆期と発売後の繁忙期に忙殺され、1年半ほど旅行に出かけることを控えていたのだが、仕事が一段落した間隙をぬって、つい先日、中国旅行に出かけてきた。

 そもそも「なぜ中国なのか?」ということですが、単に中国への関心が高かったという点に尽きます。それに加えて、主なアジア諸国別の長所と短所について触れている本書第三章のなかで、「中国はエリアごとに特性が異なるために十把一絡げで扱うことはできない」と記述していたため、具体的なエリアに絞った上でもう少し突っ込んだ内容を、どこかでフォローしたいという思いも少なからずあったんですよね。

 年明けから「なんとなく6月頃に中国に行ければ」と考えていたところ、4月初頭に春秋航空がスプリングフェアを開催するという知らせが届いた。6月に行くとなると準備期間は約2か月半だが、それ以前に心に引っかかるエリアへのリサーチは多少済ませていたこと、仕事関係者への通達(根回し)と仕事のボリュームを絞るには現実的に問題ない日数だと決断し、スプリングフェアで航空券をゲットすることに。ちなみに、エアアジアXは10月からKL〜モーリシャス便の就航が決定した。ついにLCCタックスヘイブンにまで行ける時代になるとは、いやはや。ジョーカーに対しスペードの3で対抗できる、大貧民みたいなことが実際にできるようになったのかもしれない。

 現在(20166月時点)、春秋航空は羽田から上海、成田から武漢重慶へ飛ぶことができる。一方で関空または中部セントレアからは上記以外の中国各都市に航空便が就航しており、首都圏以上に中国地方都市への選択肢が豊富という状況。とりわけ、中部セントレアからはハルピン(ロシアと隣接する黒竜江省)、フフホト(モンゴルに隣接する内モンゴル自治区)などエッジの立った場所へのアクセスが可能となり、まぁ魅力的なラインナップが揃っていると思う次第です。文化や人種が混じり合うエリアは一層面白いため、それらの場所にも食指が動いたものの、今回は“重慶”を訪問先としてチョイス。現在、中国政府が進める西部大開発の中心地であると同時に、三国志ファンにはおなじみ巴蜀の都・成都へのアクセスもほど近いため、いろいろと面白そうな予感を覚えたんです。

 スプリングフェアでゲットした航空券は3000円でした。往路は手軽な荷物で向かうため、受託手荷物なし&機内持ち込み5kg以内というもっとも安い設定の航空券(3000円)で十分と判断し、最も安い3000円のチケットにしたわけです。結論から言えば、息はこれで十分なんですよ。「LCCは狭くて窮屈」と心配する人も多いかもしれないけど、そんな人にオススメしたいのは座席指定約1000円を追加して、足をゆったり延ばせすことのできる非常口座席を選ぶことね。1列目も足を伸ばせるゆったり席だけど、目の前にCAさんが座るため人見知りの人間とすれば、目のやり場も逃げ道がある非常口付近の方が都合がいい。LCCの座席スペースの狭さなど比にならないほどの閉塞感とプレッシャーを味わいたくないなら、断然、非常口付近がオススメです。

 復路はお土産やら現地で調達してきた品々などを詰め込むため、受託手荷物15kg以内の航空券を予約した。もろもろの諸税などを合わせた結果、往復合計19000円でチケットを取ることに成功。2万円以内で海外への航空券を手に入れられるのなら、仮に2か月後に思わぬ形でスケジュールが崩れ、仕事で行けなくなっても割り切れる額だろう。思わぬ形で仕事をしているということは、そこには2万円以上の付加価値なり恩を売れる状況があるはずだ。次回、倍プッシュで休みを取るための口実にでもすればいいんです。ここらへんは拙書でも触れているので読んでね。

 実際に搭乗する春秋航空は快適で、なんら不都合はなかった。チェックインに関しても、成田だけではなく各空港で(これは帰国する際の重慶江北国際空港も同様だった)、「団体」と「個人」にカウンターが分かれているため、個人旅行者はすんなり搭乗手続きが可能となる。爆買いでおなじみの団体客は別のラインに並んでいるため、過剰に待たされるといったことはアクシデントを除けばないはず。

 重慶までの飛行時間は5時間もかからない。バンコクやクアラルンプールの場合、7時間近くかかることを考えると、中国西部へのフライト時間が5時間というのは大きな魅力と言えます。成田を出発したのが朝10時、現地・重慶に到着したのが15時。時差が1時間ほどあるため14時過ぎには江北国際空港の地を踏むことができるのは、相当ありがたい。中途半端に寝れずに現地に着くと、なんだかんだと身体がだるくなるのは否めない。ところが、朝までしっかり寝て、5時間ほどのフライトで昼過ぎから現地でバリバリ行動に起こせる、というタイムスケジュールを組むことができる東アジア圏内への旅行は、疲労軽減という点でも大きなメリットだと思います。台湾の人気も、距離が近いという利点も大きいはすです。

 なんの不自由もなくあっさり現地に到着することができたわけですが、現地での行動は次回に。